ドッペルゲンガー「嗤う分身」

2014.11.30.Sun.15:40
ジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカ出演の「嗤う分身」。
原作はドストエフスキー「分身(二重人格)」で、何とも奇妙な作品でした。

ドッペルゲンガーに

さえない男サイモンの前に突如として現れた見た目は自分そっくりだけど、
中身は真逆、すべてにそつのない男ジェームズ。

会社のコピー室の女ハナに恋心を抱いているサイモンですが、
恋も仕事もぜ~んぶジェームズに持っていかれる。

ドッペルゲンガー、二重人格、と充分興味そそられる題材でありますが、
作風がまた面白かった。

サイモンの心情を表すのに使われているのが、日本の歌謡曲、
「上を向いて歩こう」や「ブルーシャドー」そのまま流れます。
日本人のわたしは、まして懐メロとしてよく知っているので
不思議な感じがしましたが、これを外国人が作中で聴くとどんな感じなんだろ~?

全て奪われる!

近未来という設定ですが、なにかどこかレトロで人工的で国籍不明。

小悪魔ワシコはもちろん、二役を演じたジェシーもよかったよ~。
話の展開もテンポよく、作品全体のトーンが(好みもあると思いますが、)面白いです。

わたしは観ていないけど監督・脚本は「サブマリン」のリチャード・アイオアティ、
共同脚本に「ミスター・ロンリー」のアヴィ・コリン。
ブラックユーモアが好きな方にはお勧めです。

* 部屋が片付かないルシスに拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます
スポンサーサイト

整理できるでしょうか?

2014.11.29.Sat.22:03
人形関連のものを年末に向けて思いっきり整理したいと覚悟を決めたのですが、
どこから手を付けていいのやら?

ユノアの服も

まず買いためた生地は処分。小物ももう撮影に使わなくなってきたものは処分かな。
べち子もワンダもまだ手放す気にはなれなくて。

ブライスは新しいお迎えをだいぶ控えているので現状維持。

じっくり作りたいな~。

お人形のお迎えをしなくなったら、レースとかリボンとか(もちろん生地も)
新しく買っちゃって結局作らないとたまる一方。
ユノアにレースたくさん使った服を作りたいな~。
10mとかでレース買ったから迷うことなく作れる(はず)。

それと昨シーズンから構想中のユノア少年にダッフルコート
何とか作りたい。

作りだすと整理ができなくなるというカオスに呑み込まれて
頭が浮遊してしまうのですが、新年をすっきり迎えたいと強く思う!

* ニッキーアットザファームに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます

「トム・アット・ザ・ファーム」

2014.11.27.Thu.16:09
ドランの監督4作品目「トム・アット・ザ・ファーム」を観てきました。

のどかな牧場が

トムは恋人であり同僚であったギョームが亡くなりその葬儀のため、彼の実家である農場を訪ねる。
しかし、ギョームの母は息子がゲイであることは知らず、サラという恋人がなぜ葬儀に来ないのかと
不満をトムに言う。

その晩、トムはギョームの兄フランシスに
本当のことは母には言わずに演技をしろ、と暴力的に強制される。

閉塞した官能的な空間に

トムは葬儀を終えると帰るつもりだったのに、母が喜ぶから、という理由で
フランシスに農場で働かされ、暴力で支配されるようになる。

なぜか村人はフランシスには話しかけず、トムは不安を覚えるものの彼に従っていく。
フランシスの過去に何があったのか。

ある日、仔牛が死んで、たまらずトムは会社の同僚のサラに
ギョームの恋人のふりをして農場に来てほしいと頼む・・・・・。

という感じでストーリーが続きます。

トムとフランシスの納屋のタンゴのシーンは
弟を亡くした兄と恋人を失った者とが、同じ人間を想い踊り、
男同士のダンスになんとなくザワザワときます。
DVなフランシスがトムの首を絞めるシーンでは官能的ですらあります。
ドランがい~んです!

トウモロコシ畑も牛小屋も、いつもならイメージは田中義剛になるんだけど、
ドランだと官能的な場所に見えちゃうから面白いよね~。

支配するものと支配されるものの間にはお互いに必要であるという愛を錯覚する。
サラの出現でガラッと変わる展開が面白かった。

なるとはね。

「ロランス」はお互いに自立した愛、こちらの作品は危うい愛(というか支配)、
わたしは「ロランス」のほうが好きかな~。
サスペンス作品ときいていましたが、サスペンス仕立ての心理劇でしたね。
ドラン監督、次の作品は「Mommy」、ゲイから離れた作品だそうで
アカデミー外国映画部門にすでにノミネートされて楽しみであります!

* 西島ショックから立ち直れた?ヴィエルに拍手ありがとうございます
* 他の記事、過去の記事にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます

お顔ぷっくり。

2014.11.26.Wed.13:21
カンバーバッチ、西島秀俊、向井理の連打の結婚の話題で
打ちのめされて寝込んでしまいました・・・・、な~んて
OLさんみたいなこと言ってみたりして。

危険なプロットの

ジャブ・アッパー・ストレート、ダウン寸前にエイドリアーン!と叫んで
持ち直したと思ったら、歯が。

左の奥歯が痛くてモノが噛めなくなって、右側を使っていたら
その右もグワングワン痛くなっちゃって、顔が腫れてしまうほど。

「腫れてる?」
「言われれば腫れてるような、でも両方?」

ええーい、訊くんじゃなかった、夫には。

休み明け歯医者に連絡してとりあえず楽になりました。噛めないけども。

クロードを意識してみた。

前歯だけで食べるというのも、すごく疲れるので
年内この左右2本の虫歯、何とか完治させたいけど無理かな~。

気になる男優3人の結婚情報に心なしか意気消沈したところに
この虫歯。
どうか、映画おたくの斉藤工にはまだ結婚話出ませんように。

もし出てもわたしにはヴィエルがいるじゃーないの!ということで今日はヴィエル。

さて、痛みもおさまったので、今日はこれから腐女子必見とされるトムを鑑賞してきます。

* サリーも虫歯?拍手ありがとうございました
* 他の記事にもいつもありがとうございます!

ブログランキング、ポチありがとうございます

サリーちゃん。

2014.11.21.Fri.17:16
サリーちゃんは横目がするどい。

横目

じっと観察しているようだ。

ふふん、アナタ本心を隠している。

なんて思っていそう。

ピンク目

でも、ピンク目は
どこか虚ろで目に映るものとは違うところを見ているよう。

サリーちゃん、髪の色が少しくすんできていいカンジ~。
透明肌の子の中で一番好きかも。

* 冬仕様のミニコロに拍手ありがとうございました
  y様、整理進みましたか?わたしも年末に向けて大処分(人形以外)を決意しましたよ。
* 他の記事にもありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます

2度見ても面白い。

2014.11.19.Wed.16:49
録画していた「危険なプロット」何気に観たらやっぱりすごくおもしろい!
ストーリーは頭に入っているから細かいとこ、見過ごしていたとこなど
面白いぜー!!

PB190016.jpg

F・オゾンはいいなぁ。普通じゃないな~。

こっちが勝手に深読みしてしまうのかもしれないけど、
“つづく”で終わるラストシーンからは元教師と元教え子の二人の
これから先をあれやこれやと想像してしまう。
レンタルにもなっているからぜひご覧あれ。
この「危険なプロット」も次の「17歳」も高校生が主役、
オゾン監督、次はどんな映画を作ってくるのか、気になるー!

そうそう、この映画の中で教師夫妻が映画を観に行くシーンがあるのだけど、
なぜかその映画が「マッチ・ポイント」
もう10年くらい前の作品で、ジョナサンRマイヤーズとスカーレットヨハンソン主演。
思わぬところでポスターの中のジョナサンがみられて嬉しい。
オゾンはジョナサンが好き?それともスカーレット?ウディアレンなのか?



話変わりますが、
ミニコロちゃんまた一人お呼ばれしました。

PB140024.jpg

あっさりメイクのリクエスト、ウィッグとアイは用意されるとのことなので、
写真はわたしの手持ちで撮りました。
どんな風になるか楽しみです。ミニコロ仲間が増えて嬉しいな~!

* ヘビメタは悪魔崇拝か?なシストに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございました

ブログランキング、ポチありがとうございます

「デビルズ・ノット」を観てきたよーん。

2014.11.18.Tue.17:34
1993年、アメリカのウェスト・メンフィスで3人の男の子が
殺されるという事件が実際にありました。

ヘビメタは

遺体は手足を靴紐で縛られ、身体には傷があったため猟奇殺人として
地元の住民は恐怖に陥りました。

やがて警察は3人の未成年者を逮捕したのですが・・・。

私立探偵ロン(コリン・ファース)は不自然さを覚え調査に乗り出すのです。

わたしは、この事件のドキュメント映画を観ていたので、
この作品自体には物足りなさを感じてしまいましたが、
警察関係者が、思い込みから事実を隠ぺいし、捻じ曲げていく様子はよくわかると思います。

お気に入りのデイン・デハーンが犯人(とされた)の一人の役なのだと
当然のように思っていたら、違ったんですね~。

不審人物として警察がマークした若者の役で、コイツのことはうやむやにして
警察は別の3人を犯人と断定し逮捕するのです。

悪魔崇拝なのか?

3人のうち主犯格とみられたダミアンは
いつも黒い服を着てヘビメタを聴きオカルトに傾倒している、という理由で
犯人にされてしまいます。
悪魔に生贄を捧げたのだと。

被害者の一人の母パム(リース・ウィザスプーン)は裁判での矛盾から
警察・司法を信じられず、3人は犯人ではないのでは?と思うようになり
ある重大な真犯人につながることをみつけて、ロンに打ち明ける…というストーリー。

この事件はドキュメント作品などで3人が冤罪被害者ではないかという
疑惑がひろがり、ジョニー・デップなどの著名人が支援活動をしたことも有名です。

3人の若者は19年の服役生活し、有罪は認めたうえで釈放されるという異例の司法取引が行われました。

犯人ありき、で事が進んでいく警察や司法。
こんな恐ろしいことが正義の上におこってしまうのか?
それにしても、このロン(それと実際には獄中結婚したダミアンの妻)がいなければ
今も3人の若者は獄中生活だと思うと、ロンの功績は偉大です。

ちなみに真犯人いまだ野放しです。恐ろしや。

* わらべうたをうたうミニコロに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございました


女の子ってなんでできてる?

2014.11.16.Sun.15:07
男の子ってなんでできてる?
カエルにかたつむりに仔犬のしっぽ そんなもんでできている。

女の子って

女の子ってなんでできてる?

素敵なもので

女の子ってなんでできてる?
お砂糖とスパイスと素敵なものみんな。

できている。

女の子ってそんなものでできてる。

マザーグースより♡

* 冷たい雪の中のオスキーに拍手ありがとうございました

ブログランキング、ポチありがとうございます

オスキーは雪が似合う。

2014.11.14.Fri.14:36
とうとう雪が積もりました。
根雪にはならないらしいので、来週には融けると思うけど、
この時期の雪をみると非常に冷たく感じます。

また雪の

お迎えして以来ほったらかしになっていたオスキー。
ユノ少年のニット帽を拝借したらほっぺが赤くて雪景色が似合います。

季節がやって来たな~。

ロシアの子だから?

長男がこの週末引っ越し。
カノジョと二人だと手狭なので少し大きいところにと、
3か月前くらいから予定していたのですけど、
ここにきて別れるかも~なんて二男に言ってきたらしい。
引っ越ししなくてもよかったんじゃね?と思うのはわたしだけ?

* ウィッグがすてきなルシスに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます!

ブログランキング、ポチありがとうございます

白系ウィッグ。

2014.11.13.Thu.18:14
ラムスキンでウィッグを作る前に、、、
化繊のウィッグを買ってしまいました。

白系

おお~、素敵。
一言でロングウェーブといってもカールの感じはそれぞれ。

ウィッグに

昔でいうところのソバージュみたいで、いいわ~。
アンニュイなレースドレスを着せてあげたいわ~。

はまっております。

全体青めの少しくらい写真を撮りたいと
いろいろ設定をいじっているのですが、シャッター押すと
モニターで見たのと色が変わってしまう。
そのうえ、ブレブレ。
やはりここは三脚を導入しないとダメかのぅ。
お人形はいろいろお金がかかるぜ、まったく。
でも、この時間が至福。

* ラムの毛皮をまとうルシスに拍手ありがとうございます。
* 他の記事にも拍手ありがとうございます!

ブログランキング、ポチありがとうございます!「

ラムスキンを買った。

2014.11.12.Wed.15:52
前からこれでウィッグを作りたいと思って探していたラムスキンを買いました。

ラムネとほぼ同じ

細かいウェーブでホワホワのウィッグを作るんだー!
このラムスキン、ビスクを習っていたころから思っていたのですけど、
ラムネの毛にそっくり。

今はご老体でトリミングが負担にならないように短くしちゃっているけれど、
身体の毛が10センチくらいあったころ、
この毛を刈ってビスクのウィッグや、ドレスの装飾に使えたらいいのに、と思っていた。

こんな感じになるはず。

ウィッグの作り方を検索したら、型紙のとり方を載せてくださっているブログがあって
それを参考に妖精肌ルシスに作ろうと思う。
妖精肌フェイスはもう一つ買ってあるので、柔らか~い感じにメイクしたい。

* 素朴なミニコロに拍手ありがとうございました。
* 他の記事にもありがとうございまーす!

ブログランキング、ポチありがとうございます

7人のミニコロ。

2014.11.11.Tue.14:39
にゃんだかんだで増えてます、ミニコロ。

7人のミニコロ

服もじわじわと増えてます。
というか、試作が多いのですけど。

ウィッグも見ればいろんなのが欲しくなってしまう。
そのためにミニコロの人数が増える、というわけ。

革表紙の豆本!

モヤ目のこの子にはオフホワイトのモヘアでウィッグを作ってあげたい。
こういうアイのことをフェアリーアイって言うんだね。

この子が読んでいるのは、先日ミニコロをオーダーしてくださった方から
プレゼントでいただいた革表紙のアリス豆本!
すごいかわいい。中もちゃんと印刷されている。しおりのひももある。
感謝感激、感涙でございます。
なんて贅沢で幸せなミニコロちゃんでしょう。

これからまた一人旅立っていくミニコロちゃんのメイクをしようと思ってます!

* バラと野獣が大好き・マトさんに拍手ありがとうございました

ブログランキング、ポチありがとうございます

「美女と野獣」

2014.11.10.Mon.15:00
夕べ食事の後、二男とレイトショーで観てきました。

美女と言えば

おとぎ話というか、こういうラブストーリーはほとんど興味持てないのは
百も承知だったのですが、フランス映画でレア・セドゥ、ヴァン・サン・カッセル出演なので
期待大で行ったのです。

映像や美術なんかはとてもきれいでよかったのですが、
ストーリー全体がボケすぎ。

これまでの「美女と野獣」の作品は、ベルと野獣のラブストーリーが中心ですが、
これはその野獣がいったいなぜその姿になってしまったのか?という謎が
語られているところが見どころとなっています。

たしかにそこは描かれているのですが、そのためか前半はまったりとつまらない。
後半で少し盛り上がるものの、登場人物に寄り添えないまま終わった感じ。

マトリョーシカ

野獣が人間だった頃に冒した罪を描くことにこだわったせいか、
ベルが野獣に次第に心を寄せていく過程があっさりしすぎ。

でも、レア・セドゥはやっぱり陶器のようなお肌できれいだったよ~ん。
衣装がこれまた素敵で、こんなのブライスにいいなぁとかユノアに着せたいとか
思いながら見てました。
野獣の顔もヴァン・サン・カッセルだな~とわかるマスクでそんなところはよかった。

ディズニー作品でこういうお話を見慣れている人には
レア・セドゥはお目目パッチリの美人じゃないし、
(わたしはあのふてぶてしい美しい顔が大好きですけど)
王子様にはオーランド・ブルームとかにしてほしいんじゃないでしょうかね。

そして、エンドロール中流れる音楽がこれまたちょっとわたしの趣味には
合わなくて、フランス映画っぽくない感じで二男とうなだれて帰路につきました。

* 脳にマイクロチップが入ってそうなクラウドに拍手ありがとうございました
  p様、記憶することも思い出すことも厳しくなってきましたね~、わたしもメモしてますが
  メモした紙をどこに置いたか思い出せなかったりします・・。

* 他の記事にも拍手いつもありがとうございまーす

ブログランキング、ポチありがとうございます 

低迷する記憶力。

2014.11.07.Fri.16:52
最近はちっとも新しく出るブライスの名前を覚えられない。
少し前はお迎えする気まんまんだったこともあって、わりと覚えていたのに
近頃じゃ、ち~っとも頭に残ってない。

記憶力はいいと思う

だいぶ前に、
事件の加害者側の手記を読み、その加害者は犯行声明文を書いたのですが、
その文面は出版物の丸写しでした。
でも、その出版物は加害者の家にはなく、立ち読みか他のところで読んだものらしく
この加害者は一度目にしたものを細部まで記憶するという能力が高かったらしいのです。

ドラマでもむかしキムタクが演じた人物は、
コードが切れてバラバラになったブレスレットを記憶していて
ビーズの並びを元のまま再現したなんていうのがあったり、
海外ドラマ「アンフォゲッタブル」は絶対記憶捜査が面白い。

そんな話を知り合いにしたところ、
「わたしもそう!」というではないか。そんな特殊能力がアンタに?

「すっごい昔のこと今でも覚えているよ、わたし。」

・・・それって。

クラウド。

まぁ、その後は話題を濁して、
なんて幸せな人なんだろうと別の意味で感心しました。

* それぞれの道を行く二人のユノア少年に拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます

「悪童日記」美少年双子です。

2014.11.06.Thu.12:00
ミニコロを連れて観に行ったのは「悪童日記」。
映画館に近づくと頭が映画モードになるのですっかり
ミニコロ撮るのを忘れてしまいました。

悪童日記

ドイツ・ハンガリー作品、第2次世界大戦の末期にハンガリーの田舎に親と離れ疎開した
双子の物語。

疎開したのは母方の祖母の家で、まわりから「魔女」と言われる祖母は粗野で、
双子たちに過酷な労働をいいつけ、仕事をしなければ飯は無しと言い切る。

祖母以外の大人たちも冷酷で非情な世界に放り込まれた双子は
自分を鍛え聖書で勉強し、ありのままを日記に書く。

殴られて、痛いと泣いてしまうから、痛みになれるように泣かないように・・・。
自分たちでお互いを倒れるまでベルトで打ち合う。二人でいれば大丈夫・・・。

やがて、盗みや恐喝、殺人をも躊躇しなくなるまで、独自の信念を身につけサバイバルし、
強く逞しくなっていく。

でも、決して殺人マシーンになったわけではなく、生き抜くため。

善悪の倫理観を持ち出しても彼らの心を説得する力はない。

広大で自然が美しい農園の風景とは裏腹に、過酷な状況に
負けまいとする双子が痛々しい。

映画の始まりは一家の家庭シーンでかわいらしかったこの双子、
ラストシーンでは逞しく目つきもきつくなって、この先もきっと生き延びて行けるだろう。
非道な場面が多いのですが、そんな希望が持てる作品でした。

今月も他に観たい作品盛りだくさんです。

今月も盛りだくさん。

「トム・アット・ザ・ファーム」 ドラン監督主演のサスペンス!
「美女と野獣」 おとぎ話系の映画はあまり興味ないけどレア・セドゥだし。
「嗤う分身」 ドストエフスキー原作ワシコ&ジェシー、挿入歌にブルーコメッツ!
「デビルズ・ノット」 実際にあったアメリカの冤罪であろう事件。デインデハーンが出てる。
「天才スピヴェット」 アメリの監督の作品、スピヴェット君がかわいい~。

今上映始まっているのもありますが、こちらではまだこれから。
お天気が心配な11月ですが、できるかぎり観に行きたいですー!

* でかけたけど外に出してもらえなかったミニコロに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます!

ブログランキング、ポチありがとうございます

お出かけ日和。

2014.11.05.Wed.10:43
連休中はあんまりお天気に恵まれず、
アウトドア派の夫もほとんど家でPCの前を陣取ってカヤックの動画三昧。
わたしはチクチクお針子三昧。

でも今日はいいお天気!

おニュウの服と

先日購入した新しいOFと

バッグで

バッグとシューズ・ソックスのセットにちょいと自作をアレンジして
ミニコロちゃんと一緒にお出かけしまーす。と言っても映画観に行くんだけどね。

OFももちろんかわいいし、このバッグすごく丁寧できちっとした作りでミニコロちゃんのお気に入り。
ミニコロちゃんかわいくてねぇ、おばばの心境?

お出かけしまーす

じゃ、行ってきまーす!

旅だった二人

少し前、ミニコロちゃんのオーダーを受けまして↑の二人、
メイクしてOFを着て旅立っていきました。
いろんなお人形を愛する方のおうちの一員に加えていただき感激です。

ミニコロとユノアとブライスにお揃い服を作りたいという思いを巡らせ中です。

* アルゲリッチを知ったネココロに拍手ありがとうございまーす
* 他の記事にもいつもたくさんありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます