「残酷な神が支配する」を読みました。

2014.01.20.Mon.18:57
お世話になっているうさこさんからお借りしていました
萩尾望都 著「残酷な神が支配する」
読ませていただきました。

朝の9時半ごろから読み始めて10巻、5時近くまで一気に読んでしまいました。

P1200008.jpg

「トーマの心臓」と共通するテーマ、とのことでしたが
こちらの方がはるかに社会的問題も取り込まれ迫力ある作品でした。
もちろん、「トーマ…」も今でも好きで深いテーマの作品だと思っておりますが。

崩壊していく傷を負った心はどう救われていくのか、
それより以前にはたして救われる日は来るのだろうか。

連載が9年にも及んだことにもびっくりでしたが、
ストーリーがだらけることなく一気に読ませてしまうあたり
やっぱりおモー様ってすごい、と思います。

もっと何かほかにこの作品を語る言葉がある、と思うのですが、
あんまり饒舌にはなれない自分で、詳しく内容を知りたい方は検索してね。

(うさこさんおなかにズドーンとくる作品でした、ありがとうございました!)

* バタフライサースに拍手ありがとうございました
  y様、無事にお迎え出来てよかったですね

ブログランキング、ポチありがとうございますー!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
おぉ!
途中まで読んですっかり忘れてました。
今読める心が残ってるか疑問です。
yukiさんの精神は若々しいなぁ〜って常々思ってます。
くろ様
いや~、そのお気持ちわかります。
一気に読んでしまわないと心がキシキシいいそうなストーリーですよね。
読んでいけば、明るい光が射し込んでくるのじゃないかと思いながら
読み進みましたよ。
友人も以前に途中まで読んで辛くて挫けた、と言っていました。

わたしは子供が小さい頃、漫画も映画も音楽も好きなものから
遠ざかっていたので、この頃昔に戻ってきたみたいです~。
赤ちゃんがえり?

わたしは、くろさんが行動力があってすごいな~と思ってますよ!
No title
こんばんは。

一気読みは素晴らしいです。

私はやはり途中でいったん止めたら、しばらく手に取れなくなった人です。

こういう物語の感想って、本当に難しいと思います。
言葉にしようとしても、逃げて行ってしまうというか…

望都先生の素晴らしさを、改めて感じました。

絵が少し昔と違うのになじめない…ってちょっとわかる気がします。

でも読んでいると、どんどん気にならなくなってしまいますよね。
でもそれでいて、昔の絵に近い部分を、無意識に探したり、見つけたりしてしまう。

それだけ、ポーの一族やトーマの心臓が素晴らしかったということなのでしょうか。
うさこ様
こんばんは、どうもありがとうございました!

10巻まとめてお貸しくださって本当にありがとうございました。
途中一息つこうか、などと思ったら、めげそうです。

わたしは、観た映画のこともそうですが、的確に自分の言葉で
感想を表現することがなかなかできないですー。
ボキャが乏しいからかな~。

絵はほんとにそうでした、最初ちょっと気になったのですが、
ストーリーに入り込んでしまうと、全く気になりませんでした。

わたしにとってはポーの一族やトーマの心臓は、
自分が一番影響を受けやすい年頃だったのと
それまで知っていた漫画とは全く違う世界がここにある!って感じでした。

でも、学校の他の子は、モー様の絵がキライとかで読んでない人もいて
この良さがわかんない人とは友達にはなれないと思ってました。

管理者にだけ表示を許可する