ボタンをしめて。

2014.08.15.Fri.14:22
「シャツのボタンうまく留められないの~、手伝って~。」

ボタンとめて~。

「エルヴィデカダンくん、そういう時にはこれが便利!」

コイツが便利。

「ボタンホールに通してからボタンをひっかける」

楽ちんです~。

「わ~、ほんとだ~、すごい簡単に留められますー!」

お着替え手伝う?

「わーい、ありがとう♡
 僕もエルヴィの着替え手伝ってあげようか?」
「着替えがないから必要なし!」

ワイシャツを4ミリボタンとボタンホールで作りましたが、
特に一番上のボタンが指ではどうにも留められなくて苦労していたのですが、
映画の中で、たくさんあるカフスボタンをこういうひっかける道具で
留めていたのをみて、なるほどね~と、ゼムクリップを利用したらうまくいきました!

エルヴィのデカダンフェイス(妖精肌)をメイクしたのですが、
リップの色が思うように出せません。明らかに赤すぎ。

昨日の夜、スーパーレイトで夫が観たがっていた「るろ剣」観にいって
佐藤健君の口ばっかり見ちゃったよ。
「るろ剣」後半も楽しみですー!

* ハードボイルドな兄弟愛をみたシストに拍手ありがとうございます
* 他の記事にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
わーシャツすごい!!
ボタンホールなんか作るの大変ですよね。
ボタンの留め方も勉強になりました。
そうなんだー

2人ともかっこいいなー
男の子のお人形欲しくなってきますー
エルヴィ君、好みです。
くるみ様
ありがとうございます~、
本に載っているユノアの服の型紙ではボタンホールのものが多いのです。
6ミリくらいのボタンが多いのですけど、4ミリで作ったらしめるのが大変でした。
昔の服はカフスにずらっとボタンがついていたので、
こんな道具があったんですね!

男の子人形、わたしも楽しいです~。
エルヴィ君、喜びます!!
No title
こんばんは。
紅い口許が、どこかエドガーを思わせますね。
ボタンホール、大変だったでしょうね~

ボタンがとまらない…というお話を読んでいたら、自然に昔大好きだった、教育テレビの「パジャマでお邪魔」のコーナーを思い出してしまいましたよ。。

パパッパパジャマ…♪なんて歌いながら読ませていただきました。

お盆の行事も一息ついて、ほっとしています~☆
うさこ様
こんばんは、
リップ、これだとグロスを塗った女の子みたいでダメです~。
思う色が作れません。
リップだけ塗り直して・・・と思いますが
全部やり直しになるかも。

「パジャマでお邪魔」わたしも見てましたよ。
あの頃子供たちもかわいかったなぁ。

このシャツのボタンかけにくくて、ピンセットでつまんだりしていたのですが、
このひっかけ方法を試したら簡単になりました。
ボタンホールは少ない時は手縫いですが、4か所以上になると
飽きてしまうのでミシンのジグザグ使ってます。
どこ縫ってんだかわかりませーん。のでかなり適当です。
No title
カフスボタンをとめる道具なんてあったんですね〜

るろ剣、アクションがスゴいって言いますがホントでしたか?
日本映画のアクションはCG丸出しとかテンポ悪いとかゆーイメージがあるのですが。
くろ様
そうなんです、生地も汚れなくていいですよね。

るろ剣、前作はレンタルで観て、アクションすごい!って思いました。
ものすごいスピード感で、今作に期待してました。
セットもアクションもパワーアップして面白かったですよ!
わたしなんて動きに目がついて行けないくらいです。
9月公開の後編は剣心もパワーアップするはずなので楽しみでござるよ。

管理者にだけ表示を許可する