妄想から真理。

2014.10.07.Tue.15:50
「ホドロフスキーのDUNE」を観てから、すごくホドロフスキーが気になっちゃって。
映画DUNEの制作が中止になってからバンドデシネの原作者として
メビウスと組んだ作品を買いました。

絵本?と漫画

「天使の爪」と「アラン・マンジェル氏のスキゾな冒険」
ほんとは「アンカル」が欲しいのですけど、書店では在庫なし。
そのうちネットで買います。

「アラン・・・」の帯にこう書いてあります。
『狂喜の妄想が人生の真理へと変わるホドロフスキーの真骨頂』

母なるものにリスペクトした作品は映画などでも多くみられますが、
ホドロフスキーは父から子へと引き継がれるものに思いがあるような気がします。

ホドロフスキーって面白い。

2冊ともかなりエロチックで思想的なので、普通の漫画のようにスラスラと読み進まないのですが、
じっくり付き合いたいと思います。

* ペアセーターのミニコロに拍手ありがとうございました
* 他にも拍手ありがとうございます

ブログランキング、ポチありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
ノーベル賞受賞で、テレビはそればかりですね。
日本はやはりすごいです。

「アラン…」試し読みができたので、数ページだけ読むことができました。
最初、一瞬手塚治虫さんの絵に似ている?!と思ったのですが、全然違いましたね。

魂まで紫…って素敵!って思いました。

父から息子に…って、あまりないですよね。
小説でも映画でも。。

「父親」って、考えてみれば損な立場でもあり、一種独特なものがあるような気がします。

胃は大丈夫ですか?
私はもう歳のせいか、なかなか治らなくて、嫌になっちゃいます…v-11
うさこ様
おはようございます。

ノーベル賞、研究者ってほんとに地道な努力ができる人ですよね~。
こういう方々のおかげで未来がつながっていくんだな~と思います。

試読みできるんですね~、わたしはとりあえず書店にあったので
買ってみましたが、「リアリティのダンス」につながるなと思って読んでいます。
絵も面白いんですよ。
魂が紫になり緑になり・・・・、変化していくのです。

父というのは母と違って生んだ実感がない。
子どもはめんどくさいので要らない、というのがあるようです。

わたしの胃は市販の薬でだいぶ良くなって、頭痛もおさまってきたので
復活できそうです。
うさこさん、胃カメラでしたよね、はやく治りますように!
No title
なんだか難しそうな、でも興味がちょっとあるような感じの内容だなー
yukimatsuさん、ほんとにお好きそう

ヴィエルくんもかっこいいです!!
本のソムリエさんかな???
くるみ様
本のソムリエ、いい呼び名ですね~、いただき!

荒唐無稽ってこのことかな、と思うくらいぶっ飛びの内容です。
これだけ私的なことを壮大に表現できるってすごいわ~と感心しています。
おもしろいですー!

管理者にだけ表示を許可する