“楽園には犯罪は存在しない”

2015.07.10.Fri.16:15
「チャイルド44」森に消えた子供たち

独裁者スターリン政権のソビエトは、犯罪など存在しないこの世の楽園なのだと、
44人の子どもの変死体を全て事故と処理する。

P7100010.jpg

原作はロシアでは発禁になったそうで、ソビエトの暗黒社会が描かれています。

国家警察の優秀な捜査官レオは、友人の息子の死に殺人の疑惑を持つが、
殺人は国家の思想に反するので事故として処理するよう上から支持される。

遺体は裸で胃を摘出され、遺体のそばには水辺がないのに死因は溺死。
異を唱えようとすれば国家反逆罪に問われる。

無理やりレオも事故とやり過ごそうとしていると、妻にスパイ疑惑がかかり
妻を信じ擁護したレオはモスクワから左遷され田舎町へ、
そこで、友人の息子のような遺体が発見され、警察署長と共に調べると
44人の子どもの変死体があったことを発見する。

その真相を追えば追うほどに国家に狙われるレオ。

P7100011.jpg


妻のライーサもなんだかすごく怪しくて、レオはぞっこんだけど
ライーサは仕方なく妻になったという感じ。
誰を信じればいいののぉ~?

妻に愛されてなくても「おれはお前を信じる!」と力強いレオ役の
トム・ハーディが武骨でちょっと田舎くさくていいんですね~。

田舎町の警察署長がゲイリー・オールドマンで、
やっぱりこの人も裏切るのか?とハラハラしますが、
この作品では裏切りませんよ~!

こわいこわい、殺人も恐ろしいですが、
暗黒国家、非常に恐ろしいです。

今日はソビエトが舞台なので、マトリョーシカです。

* レースなネココロに拍手ありがとうございました。
  y様、当選お迎えおめでとうございまーす!
* 他の記事にもありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
マトリョーシカさん、美人ですね。
アニバ様ではないのですよね…・?

あらすじを聞いただけで、胸がざわざわしそうな映画ですね。
見ていて落ち着かないでしょうね。。

背景が、複雑すぎるので、その分重そうです。。
妻のライサーさん・・・を、一番見てみたいな…と思いました。
うさこ様
マトさんはアニバ様ではないのですが、美人さんですよね~。
センター分けで特に美人だなとわたしが思うのは
このマトさんとアンジェリカさんです。

この映画の紹介を見たときは、連続殺人犯を捕える話なのだと
思っていました。
大筋はそうですが、レオが働いている国家警察があまりに理不尽。

ライーサ役はノオミ・ラパスでこの女優さんもいいですよ~。
わたしは観てないのですが、ドラゴン・タトゥーに出ていた人です。

レオがなぜおれと結婚した?と聞くと
国家警察の人のプロポーズを断ったらどんな目に遭うかわからなかったから、と
告白するシーンがあって、それくらいこの国家が恐ろしい権力を持っていたと
わかるんですー。

管理者にだけ表示を許可する