「マップ・トゥ・ザ・スターズ」。

2015.10.29.Thu.15:44
ミア・ワシコウスカ主演の「マップ・トゥ・ザ・スターズ」、
放送されたので観ました。
監督はデヴィッド・クローネンバーグ。

PA290021.jpg

ハリウッドを舞台に、セレブたちのセラピストをする父、超有名子役の
13歳の息子とそのマネージメントをする母のワイス家。

ワイスがセラピーをしている少し落ち目の女優ハバナのもとに
アガサという顔にやけどの跡がある少女が秘書として雇われることになった・・・。
そのアガサはワイス家の娘だった。

超有名子役がクスリでリハビリとか、超有名女優で焼身自殺した母を持つ女優の
トラウマとか、とてもドロドロです。
ハリウッドで大成功したらその代償ともいえる抱える不安は相当なんだろう。
ちょっとサスペンス仕立てかなと思ったりしましたが、
かなーりえぐい。

PA290020.jpg

破滅に向かって崩壊しそうなギリギリのところ、こういう結末なのね~と
ちょっと肩すかしというか、悲劇でも星は光っている?というか。

ジュリアン・ムーア演ずるナーバスな女優が、観ていると
ハリウッド女優って実はこんな感じなの~とか勘ぐってしまいます。
そしてかわいいワシコ、無邪気な顔の下には闇。です。

* 染めモールベアに拍手ありがとうございました。
* 他の記事にもありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
予告編を見てみました。
なんだかちょっと恐そうな感じ・・・?!

だけど、ちょっと見てみたくなりましたよ。。

ハリウッドなんて、とても特殊な世界なのでしょうね。。
うさこ様
これ、W座で放送されたんですが、
安西さんの後釜の長友啓典さん、安西さんとは違うティストで
近所のおじちゃんっぽくてこの方も面白いです。
気になったシーンが同じで吹いちゃいます。
スリラー、サスペンスでもなく重く暗いのですが、ジュリアンの演技がよくて
ワシコがファンタジー要素をもたらしているかのような映画です。
W座でぜひご覧あれ!

管理者にだけ表示を許可する