為すべきか為さざるべきか・・・。

2017.07.03.Mon.15:22
もう7月突入ですね!

_7030005.jpg

いつの間にか小さいバラが咲きまくってます。

6月か7月に
モコの目の手術をしようと予定していたのですが・・・。

モコは緑内障で

左の目はもうすでに視力を失いました。
そこで、
あとできる処置として手術という手段があるのですが

これは
視力が回復するとかいうことではなく、
眼球の中を抜いて球状のシリコンのようなものをいれ、
義眼とする、という手術です。

よく見ないと義眼とは気づかないので美容上すぐれていると言えます。

で、

その手術をお願いしようとしていたのですが、、、、

お義母さんの強ーい反対にあってしまいました。

_7030003.jpg

あまりにその勢いに圧倒されて、
手術が可愛そうだという理由でしない、というのはナンセンスなのですけど、
獣医さんにあらためてよくよく聞いてみると

モコの場合、

眼圧はMAXでこれ以上上がることはない。
もともと眼圧が高くなることで感じる痛みが少なかったようで
これ以上眼圧が上がらない = 痛みも出ない
目も出てこない。

なので、手術を急ぐことはないのだそうです。

じゃ~、手術は必要ないの?っていうと、

これから先に、もしなにかで眼球を傷つけると治りが悪い、
最悪シリコン眼球の義眼手術ができなくなる恐れがある、というもの。
それと、
今の点眼を続けていく必要があるということ。

獣医さんには家族でじっくり考えて皆さん納得した上で
結論を出されては?とアドバイスいただきました。

_7030004.jpg

ん~、
この手術代がさ~、
わたしの胸の手術より高いんだけど、
検診と目薬で2万円くらいかかる、というのを比較すると
多少手術でかかったとしても、継続的に目薬代がかかるよりいいか?とも思うわけです。

しかーし、
もこは右目も緑内障なので
左を手術してもどのみち通院&目薬は必要なの。

そして、
手術した眼には、ヒアルロン酸の目薬は続けていくっちゅーことだから
アフターフォローにもそれなりにかかるってことなのね~。

そんなわけで

手術すべきかせざるべきか、
大いに悩むモコの父と母なのです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
モコちゃん心配ですね。。
ワンちゃんは目が弱ってくるみたいですね。。
知り合いのワンちゃんは、白内障で真っ白の目をしていて、こちらも胸が痛みました。

それとは別に、動物の治療などって、本当に高額ですよね。。

さくら(三毛猫)も20日に一度お医者通いをしていますが、一回に5千円以上かかって、ご飯も同じくらいの料金。
現在の我が家には、とっても厳しい状況です。
かと言ってほっておけないですものね。。
悩みどこですね。。

可愛いバラ。
ほのかにピンクなのですね。
随分花づきが良いですね。。

こちらはとっても蒸し暑く、不快指数マックスです。
この時期は、梅雨のない北海道が羨ましいです~。
うさこ様
今は痛がっていないのですが、
この先も痛くならないのか、それは獣医さんもはっきりわからないのだそうです。
総じて、手術のメリットがあまり感じられないので
しない方向で話し合っているところです。

去年は病気発覚でほとんど手入れしなかった薔薇ですが、
春先にバチバチと切ったのがよかったらしく花がたくさんつきました。

でも、今年はどの家もバラの花つきが言い、という話をよく聞くので
気候が好条件だったのかもしれないです。

こちらはあまり天気が良くなくてしかも気温も上がらず、、、
蒸し暑さはないですが、さむ~い!!
ここ何年か蝦夷梅雨といわれ、6月はカラッとしない北海道です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様
特別警戒大雨、鍵コメさんのところにも少なからず影響ありでしょうか。

モコは痛みが出るのか眼圧は絶対に上がらないのか、
獣医さんがはっきりと教えて下さらないので、
手術が必要なのかと準備していたのですが、
どうやら先の話は獣医さんもわからないらしくて、なんとな~く
すっきりはっきりしない説明ではありますが、
しばらくは様子を診ていても大丈夫そうなので、手術はいったんやめにしようかと思ってます。

お義母さんは時々目薬代出してくれるので、
まったく意見を聞かないで無視する、なんていうことはできないのです~。
いろいろ援助してくれるのはありがたいことですが、
同居だとその先知らんぷりってこともできなくてそれなりに気を遣うのです。

知らないうちに旦那さん、別宅とかあるなんてことないですよね!??

管理者にだけ表示を許可する