正論。

2017.08.01.Tue.13:21
少し前のことです。

P8020003.jpg

昼間、地下鉄に乗り、
3,4人掛けのシートの左端に座りました。
右端には70代くらいのおばあさんが座っていました。

次の駅で、60代くらいのおばさまがわたしとおばあさんの間に座りました。

それから車内はまんべんなく人が座っている状態になり、
2,3駅のところで人が乗り込んできたときに
まん中に座っていたおばさまが
少し私のほうにずれてきて席を空けましたが、
それほど混んでいなかったので誰も座りませんでした。

すると!

そのおばさま、

端に座っていたおばあさんに、手荷物を座席に置いたままということを指摘したのです。

「その荷物を自分で持てば席が空くでしょう。」と。

正直、わたしはそれほど混んでいないので、
このシートに4人座るとなるときつくなるし、

おばあさんの手荷物もそれほど大きくもなく、
場所をとっている、というほどでもないので、

めくじら立てなくとも、、、ときいていました。

しかし、おばさまは容赦なく
「手荷物は座席に置かないのが常識ですよ」とさらに口撃。

すると今度はおばあさんが
「そんなのわかってますよ、人には事情があるでしょう」

「わかっているならご自分の膝に荷物をおいたらいいんじゃないですか!」

真昼の地下鉄の戦い勃発か!?
気まずい雰囲気もつかの間、
中心街についたところで、おば様下車。

次の駅で、おばあさん下車。

わたしは見るとはなしに下を向いたままおばあさんを見て
びっくり、というか納得した。

そのおばあさん、気の毒なくらい腰が曲がっていたのです。
手荷物を膝に置きたくても身体が前かがみなのです。

指摘したおば様もきっとあの姿をみれば納得したと思う。

_8020008.jpg

今日は、
しばらくメイクを直さない、という舌の根も乾かぬうちに
メイク変えたまこちゃんです。

わたしは子育て中に
正論をコンコンと子どもにいう幼稚園のお母さんに
ちょっと辟易した経験があるので、
正論の意義はわかりますが片目つむるくらいのこともあって良しという場合も
あると思うよね~。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様
やはり、まこの顔の造形はわたしが欲するところのメイクは似合わないようで。
下睫毛ばっちりはあまりそぐわなかったので、色と濃さも変えてみました。あと他にもけっこう薄くしましたよ。

席を詰めて他の人が座りやすくすることは確かに正しい行いです。
間違ってませんが、人に強要することではないかな、と感じます。
正しいことを言っているのだ、という上から目線の発言はわたしには自己陶酔している部分がある気がしてならないのです。
もっとわかりやすく、協力してもらいたければ言葉のかけ方を考えてからにすれば両方の不愉快の感情が減っただろうと思うのです。
正しいことは人によって変わるものではないので正論なのだと思いますが、
正論だけでは人のコミュニケーションは成り立たないし、発展もないのでは、と思います。

イライラは更年期なお年頃だからでしょうか?
わたしは抜けたようで、今飲んでいるのはコレステロール値を下げる薬だけです~。

エレメンタリー、9月始まりますね。シェイムレスもそろそろかな~とワクワクです。
No title
「舌の根も乾かぬうちに・・・」という言葉が大好きです。

前のメイクだと、とってもタレ目さんだったので、私も今のメイクのほうが好きかもしれません~。

コミュニケーションの中には、「たしかに正しいことを言っているのはわかりますが、でも・・・・・・」という部分ってありますよね。
人間関係って、難しいな~と、つくづく思います。

でもこうやって、考えるのってすごく良いことですよね~。
うさこ様
メイクだけの状態からアイを入れてウィッグを付けるとイメージ違うよ~!ってことに
よくなります。
ウィッグを変えるとまた違う雰囲気にはなるのですが、
自分にしっくりこないので、描いた線も乾かぬうちにってくらいすぐ直しました。
いちおうブログに載せるために画像は撮るけど、描いているうちから気に喰わないのでした。

極端な話、正論言うだけなら簡単ですよね!
それで解決できるなら裁判いらないですもんね。

管理者にだけ表示を許可する