クリムト、シーレ ウィーンの世紀末展

2009.08.19.Wed.20:31
昨日、札幌芸術の森に行きました。
クリムトとシーレの作品を観てきましたー。

クリムト、エゴンシーレ

お供はべちーず。
ブライスは去年連れて行ったから今年はベチこ。

クリムトはいいね~

クリムトはあの作風が印象的で詳しくは知らないけれど、ずっと好きでした。
エゴン・シーレも1度見たら忘れられないですよね~。

シーレはちょっと痛々しい

二人の作品だけがたくさんあったわけではなく、その時代のウィーンの画家たちの作品もあって、面白かったです。

二人の他の画家の作品も


美しい作品が多かった。

シーレの素描のような作品を観たとき、ジョジョだ!と思いました。
絵にさほど興味のない夫も同じく思ったみたい。

目が行っちゃうのは当時の子どもの服装。

会場ではデメルのお菓子を販売していて、きれいな箱目当てで買いました。
カードをあれもこれもと買おうとして、ふと、これだけ買うなら図録の方が得?と迷い、5枚程度に厳選することにしました。

美術史を勉強するんだったな~。

風景画や肖像画ではなく、ポスターに使うための作品とか挿絵とかそのへんあたりの絵がとても好きです。

* 水色ドレスのヴェロニカちゃんと白ドレスのモンマちゃんに
   拍手をありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ベチこちゃんはほんとに幼かわいいなぁ。
連れて歩いたら孫(!)といっしょにおでかけしてる気分になれそうだわ。

ジョジョって? ってググりまくってしまいました^^v
シーレに傾倒してる漫画家さんがいるんですね。
こんど本屋さんでちらっと見てみます。
くろ様
ベチこたちは、じっくり絵を見るよりも
塗絵がしたいな~と思っていたかもしれませんね~。
ほんと孫みたいにかわいい(と思う。)

ジョジョは、荒木飛呂彦さんの
「ジョジョの奇妙な冒険」です~。
むか~し、少年ジャンプに掲載されていて
絵もストーリーも奇抜だな~と思ってました。
ポーズやタッチがすっごい似ていて、かなり影響を
受けているのでは?と思いましたが、実際のところは
わかりません。
見てみてね~!!
美術館て、いいですね~♪
作品展も楽しみですが、建物も館庭もステキなので、
見る前からわくわくしますね。

ベチちゃん達、童話ちっくで可愛い~♪とても絵になってる~e-266
身長20cmくらいですか??
mitsuMAX様
自由研究お疲れ様ですー!
ここは、美術館のほかに、陶芸やクラフト工房とか
版画のプレス機もあり、野外ステージではクラシック
の演奏があったりと芸術全般を楽しめる施設なんですよ。
何年か前にビジュアル系のイベントを観にいったこともあります~。でも、年に1度くらいしか行ってません。

ベチはその通り、20センチくらいです。
身体の幅はブライス程度ですが、しっかりした体形ですよ。
座敷童みたい(?!)にわらわらいると、すご~くかわいいです!

管理者にだけ表示を許可する