形で残す。

2012.02.02.Thu.21:35
今朝、ワンコの散歩から戻ってTVをつけると、
「モーニングバード」で羊毛フェルト作家の
中山みどりさんという方を紹介していました。

このところ、寒い日がつづくせいか

途中からだったのですが、
犬猫の飼い主さんからの依頼で写真から
そっくりに作られていました。

すごくリアルなのにとてもかわいい!

話は変わりますが、
ご近所に一人暮らしの70過ぎのご婦人がいます。

そこのワンちゃんの姿がみえないので、
雪かきをされている時、ワンちゃん元気ですか?と尋ねたら
10月頃に亡くなったと。

それは寂しくなりましたね、というと
いやいや、(亡くなって)すぐに業者さんに頼んで
剥製にして居間のイスに座らせているから
全然さみしくないの。というお返事にびっくり。

剥製か・・・。

ちょっと京極作品を思い浮かべてしまった。

モコは夕方の散歩の時すぐ家に戻りたがる。

家族同様にかわいがっていた動物をが亡くなったら
何か形で残したいと思う気持ちはわたしもあります。

写真や身につけていた首輪、お洋服などなど。

でも、剥製はちょっとな・・。

そんなことを思っていたので、
この中山みどりさんの作られる羊毛フェルトだったら
ぬくもりが感じられていいかも~。とその時のことを想像した。

ふと足元を見ると、生きながらちょっと薄汚れた
ぬいぐるみのようなラムとモコ。

死んでしまった時のことを考えてしまってごめん。

* 麗しい本とフロスティちゃんに拍手ありがとうございました

ブログランキング、ポチありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
え?剥製!怖い。可愛いのはわかるけどやっぱ土に還してあげないと天国に往けないよね?私もペットレスになったけど…時と今のワンコが立ち直させてくれました。前犬のことを忘れたわけじゃないよ。フェルト作家さんは有名ですね。凄くそっくり。予約が多くてだいぶ待たないとダメなんだって。やっぱ剥製はいきすぎだわ。
モーニングバード。私も見ましたよ!
かわいい作品ばかりでしたね。私もフェルト、やりたいなーと思いました、が、できないでしょうv-406

剥製は私もちょっと抵抗があります、うちは何も飼っていませんが…。動物の毛だったらいいなと思います。
EVE様
EVEさんもやはりそう思いますよね~、わたしも剥製!と聞いた時、ドン引きでした。しかも、ワンちゃんの声がテープに残っているので、息子さんがセンサーで啼くようにしてあげると言ってくれたと嬉々としているので、すっかりたじろいでしまいました。
どちらかというと、わたしは心に思い出があれば十分かなと思っているのですが、どうしても姿を残したいならこのフェルトわんこはかわいくてよいかと思いましたよ。事情を知らない人が見てもかわいいもんね。
くるみ様
くるみさんもご覧になりましたか~、とってもかわいくて表情がリアルでしたね!
わたしも、ニャンコの毛がたくさんとれるので、いつかフェルトでチクチク作ろうかなと
とっていましたが、死んじゃった時のことを考えるとチクチク出来るようになるのは
かなり時間がたたないと出来そうにないな、と思って捨てました。
想い出は形で残さず心の中に、というのが一番かなと思います。
剥製は、ワンコの散歩仲間に教えてもみんなドン引きでした~。やっぱりね。

管理者にだけ表示を許可する